歯みがきは食後30分以上おいてから

私がいつも心がけている口臭対策は、食後すぐに歯みがきをしないで、必ず30分以上時間をおいてから歯みがきをするということです。これは、確かテレビで得た情報だと思うのですが、食後すぐに歯みがきをするのが実は間違いだそうで、30分ほど時間をおいてから歯みがきするのが口内のためには良いそうです。
それはなぜかというと、食後は唾液の分泌が盛んになるため、そこで歯みがきをしてしまうと唾液も全て洗い流してしまうからです。口臭対策をするためには、唾液の力が必要不可欠ですので、食後はすぐに歯みがきをしないことが大切なのです。
つい最近知った情報なので、今まで食後すぐに歯みがきしていたのがちょっとショックだったのですが、何はともあれそういう情報を得たので、これからはそれを守って歯みがきしたいと思っています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:メモ帳

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ