虫歯になりやすい食生活と改善

虫歯とは細菌が糖を利用して酸を作り、その酸により歯が溶かされることでできます。ですので虫歯予防は糖を摂取する食生活を改善することで予防をすることができます。また、唾液は口の中を中性に戻す作用や溶けた歯の表面を元に修復する作用があるので重要です。
まず、寝る前の飲食を控えるようにします。寝ている間は唾液の出る量が減るので寝る前に飲食をしてしまうと細菌が酸を作り口の中が酸性になってしまいます。他には間食はできるだけ食後にするようにします。間食を食べると口の中が中性に戻ったころにまた酸性になってしまうので虫歯になりやすいです。また、この間食が砂糖が多く含まれている清涼飲料やお菓子だと虫歯になりやすいです。間食はなるべく砂糖を含まないようなものがいいです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年9月17日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:メモ帳

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ